卓球が好きな重森弘充

重森弘充が好きなスポーツの1つが卓球です。重森弘充は部活動などでやっていなかったものの、以前から趣味として卓球をやっています。
卓球は大きなグランドも必要ないし、人数が少なくても白熱できるのがいいとのこと。そしてかなり動き回るので、いい運動になるので卓球が好きです。 そのため、卓球のあるお店に行ったり、温泉で卓球をやったり時々体育館に行って卓球をやっています。

重森弘充は卓球をする際は色んな楽しみ方をしています。あえて真剣バトルをしないで、ゆったりどれだけラリーが続くかに挑戦することもあります。 相手のことを考えて打ち込み、それが返って来る。それを続けていくのもまた楽しいようです。重森弘充曰く、大縄跳びに似たような感じでラリーを続けています。

ラリーを続けるだけでなく卓球の真剣勝負も楽しんでいるのが重森弘充です。その際は、学生時代から磨いたえぐいサーブで攻めるのが重森弘充は得意です。 カットが掛かり打ち返しづらいサーブを打ちます。
学生時代に卓球部ではないものの、打ち返せないサーブが出来るように重森弘充は練習していました。その甲斐あってか、相当打ち返せないサーブとなっています。
そしてサーブ以外も上手です。的確に打ち返しづらい場所に打ち込んできます。またスマッシュを返すのも重森弘充は得意です。 こちらが打ち込んだスマッシュを、距離を測って上手に打ち返してきます。
重森弘充は真剣勝負の卓球も楽しんでいます。勝てば楽しい、負けると悔しいけどそう思うのすら卓球は楽しいと考えています。
重森弘充はこれからも卓球を楽しんでいきます。